全農チキンフーズトップ>商品紹介>みちのく清流味わいどり

産地・生産者・飼育方法などを明確にした「安心・美味・新鮮」のこだわりの「JAチキン」です。

みちのく清流味わいどり

産地・生産者・飼育方法などを明確にし、給与飼料にこだわった若どりです。

商品仕様

生産産地

岩手県内の契約農場、および直営農場で飼育しています。

飼養管理

素ひな …
住田フーズ(株)の契約種鶏場とふ化場で生産しています。
給与飼料 …

(1) 指定の飼料工場より、生産農場へ供給しています。

(2) 全飼育期間において、飼料や飲水に抗生物質・合成抗菌剤を使用していません。

(3) 飼料に海藻、木酢液、ハーブ抽出物を添加して育てています。

処理施設

ISO9001の認証を取得した住田フーズ(株)の処理場で処理・加工しています。

生産情報

解体7品目に固有ロットNo.を表記し、インターネット上で生産情報の詳細を開示しています。

品質管理

処理から配送まで徹底した衛生管理、工程管理に取組んでいます。

産地・処理加工場のある岩手県住田町は鶏とともに生きる町

岩手県気仙郡住田町は、民話の里として有名な遠野市よりもさらに沿岸部、北上産地に囲まれた人口約6200人の町。美しい清流といわれる気仙川の源流を有し、「清流の里」とも呼ばれます。町内のいたるところを流れる気仙川の透明度は、川底がキラキラと輝いてみえるほど。この清流は田畑にも、人間にも、そして鶏たちにも潤いの恵みを与えています。

“みちのく清流味わいどり”のこだわり

平成10年から生産を開始した銘柄鶏の“みちのく清流味わいどり”は、こだわりの飼料で育てています。契約農家のみで生産し、年間生産量は約90万羽。農場自体は小規模ですが、愛情たっぷりに手を掛けて飼育しています。

“みちのく清流味わいどり”の生産工程

“みちのく清流味わいどり”生産の合い言葉は『愛情をもって手間をかけるだけ、鶏はすこやかに育つ』です。全工程に美味しさを生むための愛情が満ちています。

STEP.1 よい安全で高品質な鶏肉をお届けするために

種鶏場・ふ化場 = (株)福島エンヤ岩手工場、(株)イシイ東北支店、他

種鶏場から入荷した卵は21日間かけてふ化。温度・湿度などの環境管理はもちろん、ふ化後には暗い部屋でワクチンを接種するなど細やかに気を配ります。

STEP.2 「鶏と一緒にいる時間が長い」のが自慢 愛情をかけただけ、すこやかな鶏が育つ

生産農家

鶏舎は平飼いになっており、坪当たり約55羽の飼育羽数で飼育します。ひなを受け入れてから出荷まで、農家では全神経を鶏たちに注ぎます。ブロイラー種は地鶏に比べると飼育環境に敏感であることから、日々細心の飼育管理を行っています。

STEP.3 カットは手作業が中心

処理場 = 住田フーズ(株)

生鳥処理から加工・包装・箱詰めまでの所要時間は、約90分です。住田フーズ(株)の商品の特徴は、ナイフを使用する工程は殆んどが人の手作業で行われ、お客様からは根強い人気があります。

EXTRA.1 自社レンダリングを推進

処理・加工場と同じ敷地内にレンダリング工場が併設されていて、鶏の不可食部分を熱処理し、チキンミールやフェザーミール、チキンオイルを製造しています。(飼料等に再利用)

EXTRA.2 鶏が健康に育つための飼料を

飼料 = JA全農北日本くみあい飼料(株)

飼料は鶏用飼料の専用ラインで製造され契約農家に届けられます。 また、中期以降の飼料には、独自に木酢酸、海藻等を配合しています。

※飼料試験の為、一部他社の飼料を使用することがあります。

back